沖縄県立那覇工業高等学校

「技術教育及び職業訓練行政」の関係者による研修の一環で海外より12名来校!

開発途上国の技術教育及び職業訓練行政の関係者を対象とした研修で、アフガニスタンほか、海外より12名の方が本校へ見学にいらっしゃいました。



日 時:2018年11月2日(金)10:00~12:00

参加者:アフガニスタン(1名)、カンボジア(1名)、ガーナ(1名)、インドネシア(1名)

イラク(1名)、マーシャル(1名)モザンビーク(1名)、ミャンマー(1名)、

パキスタン(1名)、ソマリア(1名)、南スーダン(1名)、スーダン(1名)、

ウガンダ(1名)

研修の目的:我が国における職業能力開発行政の現状と課題を理解し、職業能力開発システムの枠組みと運用のノウハウ等を習得し、それらの知識やアイディアを活用することによって、自国の問題・課題等を解決・改善し、産業人材を育成するシステムを強化するためのアクションプランを作成する。また、帰国後において、アクションプランを実行するために同僚や関係者間で情報を共有するともに省内で関係部局の担当者とその内容を検討する。

内 容:本校紹介、施設見学&実習見学、交流会